気になったこと調べてみた

たびたび話題になっているのに外で見ることのないセグウェイ、その理由は?

たびたび話題になっているセグウェイ、みなさんその名前は知ってますよね。

最近はミニセグウェイなんてのも発売されて、先日はサッカー日本代表の香川真司さんが動画を公開してさらに話題になっていたりしますよね。

でも不思議に思いませんか?

外でセグウェイが走っているのを実際に見た事ありますか?

僕は街中で走っているのを見たことないです。

では何故走っていないのでしょう?

調べてみました。

 

…どうやらその理由は、公道で走るのが難しいからのようです。

 

スポンサードリンク

セグウェイってどんな性能?いくらなの?

これも調べてみました。

価格   : 925,000円
最高速度 : 時速20km
重量   : 47kg
積載量  : 搭乗者と合わせて45~118kgまで
大きさ  : 48cm × 63cm
走行距離 : 最長約38km

ずいぶん値段高いですね。

これなら軽自動車が買えてしまいます。

ちなみにミニセグウェイは?

…どうやら、いろいろなメーカーから販売されていて他にもスマート2ホイール、ハンズフリーセグウェイとか呼ばれているようです。スペックもさまざまのよう。
安いモデルでは5万円くらいで購入できるようです。

 

セグウェイって道路で走っていいの?

まず歩道を走ることはNGのようです。

そうすると車道を走ることになると思いますが、それも意外と難しいようなのです。

というか実態としては現時点(2016年4月時点)ではほぼ無理といえます。

調べた限りですが、国土交通省が2015年7月に全国の行動で乗れるようにすると発表はしていますが、実際に乗るには以下の3つが必要とされているようです。

①誘導員の配置
乗る人とは別に誘導を行う人が最低でも1人必要ということのようです。

②道路使用許可の取得
セグウェイは現道路交通法上、どの車両の種類(普通自動車、原付等)にも分類されていないため、個別に所轄の警察で使用の許可を取る必要があるようです。

しかしながら地方自治体などが公道走行の実証実験を行っている最中であり、それが終わるまでは登録の許可は下りないでしょう。

きっと実際に走るようになったらセグウェイにもナンバープレートが付くようになるのでしょうね。

③搭乗者の免許
公道を走る自動車なので免許証が必要となります。現時点で②に書いたように分類が未定ですのでどの免許が必要になるのかは決まっていないのだと思います。

ちなみに、つくば市と豊田市では条件付きで地元の警察署が道路使用許可を出しているようです。

とまあ、ここまで読んでいただけるとわかると思いますが、今はまだほぼ無理と言えますね。

だからセグウェイが外で走っているの見ないんだな、納得。

ちなみに、もちろんのこと自宅の敷地内などでは乗れます。

しかし、約100万円ですよ…。

法整備や所轄の警察のGOサインが出ても、価格の壁があるようです。

広く流通するようになれば価格も下がってくるのでしょうが。

スポンサーリンク

-気になったこと調べてみた
-