気を付けないといけないもの 裏技的なもの

スマホでの写真であなたの自宅住所がバレてるかもしれません

ちゃんと設定していますかジオタグ?

worry

スポンサードリンク

ジオタグって聞いた事ありますか?

最近のスマートフォンやiPhoneですが便利なもので写真を撮ると、その場所の位置情報が写真と一緒に記録する機能があります。

それがジオタグ(geotag)と呼ばれるものです。

数年前まではデジカメで写真を撮っても、わかるのは“いつ撮ったか”だけでした。
今は、"いつ撮ったか”に加え、“どこで撮ったか”もわかるのようになっているのです。

便利な使い方としては、旅行で撮った写真の数々、撮影した日時とともにその場所を追っていけば、いつどこを、どういう順序で旅していたのかがわかったりします。
自分の記憶だけだとあいまいで、細かくは覚えていませんよね。

 

便利な反面、危ない一面も持っている。

tanks

 

裏を返せば、危ない一面も持っています。

近年、写真は自分で保存して楽しむだけでなく、Facebookやtwitterなどにアップロードしてみんなにシェアするものになりました。

何気なく自宅で撮った写真に、ジオタグが付いていたらどうなると思いますか?

写真に記憶された情報から、自宅がわかってしまうのです。
怖くないですか?

作った料理、買ってきた洋服、かわいいペットの写真などを、facebookやtwitterでアップしたとします。
すると、その写真を見た人がちょっと調べれば、その写真が撮影された場所を調べることができるのです。

そんな危険性を秘めているのに、スマホもiPhoneも買ってきてそのままの設定だと、ジオタグが全ての写真に記録されるようになっています。

スマートフォンやiPhoneを買って来たらまずはジオタグをoffにしましょう。

 

設定の仕方

smartphone

Androidスマホの場合

カメラアプリの設定から、位置情報を保存する項目をオフにします。
(位置情報の設定は、Geo-tagという項目になっているかもしれません)

iOSの場合

iOSでは「設定」⇒「プライバシー」⇒「位置情報サービス」に移動、カメラのスイッチをオフにします。

これで安心ですね。
旅行などに行く場合など、ジオタグを使いたい場合は、また同じ設定をONにすればよいだけです。

 

パソコンで写真に記録されたGeotag情報から撮られた写真の座標を確認する方法

search

 

たとえば↓この写真、

IMAG0392

 

ファイルのプロパティを見ると

property

 

GPSという項目に「緯度」、「経度」という項目があります。これがこの写真が撮られた地球上の座標です。

これフリーソフトのアプリや、googleが提供しているPicasaを使うとわかってしまいます。

geotag

 

品川の水族館で撮られたことがわかってしまいました。。。

 

これが自宅だったらゾッとしますよね。

 
おわり

スポンサーリンク

-気を付けないといけないもの, 裏技的なもの
-, , ,