体験的なもの

30歳過ぎてから語学留学してきた(その成果は)

1年間の留学で、英語が喋れるようになるのか?

ryugaku
昨日の記事でも書いたように、30歳過ぎてから留学をしたことがある。
行先はカナダのバンクーバーで、英語を学ぶために1年滞在した。

1年間の語学留学で、いったいどれほど英語力が伸びるのか?、もちろん人によるだろうし、滞在先の環境次第で変わってくると思うけれど、僕の場合を書くことにする。

これから語学留学してみたいと思っている人や、少し興味を持っている人の参考になるとありがたい。

 

スポンサードリンク

もともと海外なんて全く興味なかった

country
北関東の片田舎で生まれ育った。まわりは田畑に牛舎・豚舎があるような田舎だ。
最近はマイルドヤンキーなんて言葉も聞くが、あれは良く田舎を表していると思う。田舎の人間は内向的で、向上心がない人が多い。とにかく保守的で外に出ようなんて思わないのだ。僕もそんな一人だったのだと思う。

東京すら異世界の話なのに、海外なんて映画の中のフィクションの世界のように感じていた。毎日を過ごすのに田舎で充分事足りるのだから、海外に行くという事は狂気の沙汰としか思えなかった。

 

とにかく英語は苦手だった

guttari
英語は中学、高校と習ったがとにかく苦手で、いつも赤点スレスレだった。高校卒業の間際にセンター入試の模試を受けたことがあるが、英語はすごかった。200点満点中24点。マークシートなんだから適当に塗りつぶしても、もっと取れるだろうに、とツッコミを入れたくなるくらいのありさまだった。

そのまま、英語を勉強する機会もないまま、時が経つこと10年とちょっと。
とあることをきっかけにスイッチが入ってしまい、海外留学を決心した。そのときすでに31歳だった。

まず初めにTOEICを受けることにした、特に勉強も無しに、だ。案の定、素晴らしい点数だった。なんと230点
そんな点数に自分自身で笑いながら、1年ほど留学の準備としてお金を貯めるのと同時に、英会話スクールに通った。並行して自分で中学校1~3年生の英語を復習もした。

 

留学前の英語レベル

smartphone

1年の勉強もあって多少はマシになった。

TOEICでは600点くらい。会話の方は、相変わらずからっきしだったけれど、愛想笑いくらいならできるようになっていた。結局バンクーバーに行って初日で分かったけれど「英会話スクールでは何やってたんだろう?」というくらいダメだった。何を言っているのかわからない、伝えるのも中学英語くらいの単語をつなげるくらいがやっとだった。

 

留学中の生活と勉強

seishun

学校・勉強

最初の半年は語学学校に通っていた。毎日、朝から昼過ぎまで、文法、発音、カンバセーション、ビジネスライティング、プレゼンテーション…etcと、みっちりやっていた。宿題も出されたりしてこなしていた。

残りの半年は、英会話クラブというところに、毎日朝から昼くらいまで通っていた。先生1人に対して、生徒がMAX4名・平均2名くらいで、簡単な教材を使って会話のトレーニングをするような授業を受けていた。昼過ぎからは、図書館にこもって勉強していた。辞書も教材もすべて英語で書かれたものを使って英語を勉強した。

生活

一年を通してホームステイを利用していた。

最初の半年は、イタリア人夫婦の家でお世話になっていた。ハッキリ言ってあまり恵まれた環境ではなく、料理も美味しくないし、ホストファミリーと話すこともほとんどないしだった。

後半の半年は、ドイツ系移民の家でお世話になっていた。ルームメイトも友達で仲良かったし、ホストファミリーとも晩ご飯を毎食食べていたり、パーティをやったりと、けっこう英語で触れ合う機会に恵まれていた。

友達

もともと、僕は内向的な性格なので、あまり友達ができる方ではないのだが、留学中はたくさんの友達ができた。自国を離れて不自由な環境で生活しているという共通点があるせいか、すぐに仲良くなることができたし、案外と親しくもなれた。主に韓国人とタイ人に友達になったことが多かった。もちろん日本人もたくさんいたのだけれど。

友達とは授業がおわるとよく遊んでいた。カフェで話し込んだり、飲みに行ったり、海岸で海を眺めたり、山や湖のある公園に小旅行しに行ったり。30歳過ぎて始めて、青春ってこういうのを言うんだろうなとも思った。友達とはもちろん英語でずっと話していた

ちょっと話はそれるけれど、男性にとってはおいしい話をしよう。
留学生で来ているのはだいたい18歳から24歳くらいまで、特に女性の比率が圧倒的に高い。特にさっきも書いたように親元離れて、自国を離れて不安と不自由の中で生活していることもあって、そんな女の子たちとも仲良くなる機会が多かった。僕は当時お付き合いをしている人を日本に置いて来ていたので、そういう色恋話はないけれど、まわりの連中はそういう話でもちきりだった。そんな相談を受けることなんてたくさんあった。だから30歳を過ぎて、若い女の子に囲まれたい人や、今まで出会いに恵まれなかった人には留学は美味しい話と思います。

 

留学を終えての英語レベル

matome
とにかく留学前が酷い状態で、頭の柔軟性も失われつつある、IT系の理屈っぽい、男性が1年バンクーバーで過ごした結果…

 

TOEICは780点まであがった。会話もだいたい何を言っているのかはわかるようになったし、喋る方も流暢にはいかないけれど意志を伝えることくらいはできるようになった

なお、英語を頭の中で翻訳しなくなったのは、留学開始から2か月目くらいの時だったよ。

 

これが成果。

 

まとめ

heart

英語が苦手でも、1年行けば意思疎通に困らないくらい喋れるようになる。ただし、1年では流暢にしゃべれるくらいまでは難しいと思う。

あと、「出会いに恵まれなかった30代男子は留学に行け」です。
おわり

スポンサーリンク

-体験的なもの
-, , ,