ゲーム実況

ゲーム実況始めました(必要な機材・予算など紹介)

スポンサードリンク

以前からやってみたいと思っていたゲーム実況を始めました。

ゲーム実況は、始めるまでにいくつか機材が必要でした。

実際に実況してみてわかったこともありました。

そのあたりの話をしてみたいと思います。

特にこれからゲーム実況をやるんだ、やってみたいと思う人には必読の内容です。

 

きっかけ

ゲーム実況動画との出会いは5,6年も前のことです。

ニコニコ動画で見たのが初めてでした。

今ほど実況プレイは認知されていない時代です。

実際に実況をやっている人も数える程度だったと記憶しています。

その中でHacchiさんという人の、激ムズゲームの実況プレイ動画が秀逸で、激しい不条理なゲームに決してくじけず前に進む姿と、一つ一つのコメントがとても面白くハマったものでした。

それからしばらく見ていませんでしたが、半年前くらいにWii Uのマリオメーカーを購入したのをきっかけに、Youtubeでマリオ動画を見るようになりました。

ここ最近はマリオに限らず色々な実況動画を毎日欠かさず見るようになりました。

毎日見るようになったら、自分でもやってみたいと思うようになりました。

実況プレイ動画で成功を収めている人の中には、それ自体を本業としている人もいるわけです。

僕もそんなのにあこがれたのがきっかけです。

どちらかというとYoutuberとして成功したいといういより、自分で何かを世に発信してそれを生業として生きていけたらいいなあというほのかな思いです。

「きっと叶うさ」と強く思ってこれから続けていこうと思っています。

 

初めに必要になるもの用意するものと予算目安

実況プレイを始めるのに必要になるものがあります。

機材と必要な予算について説明します。

必ず無いといけないものは以下の3つです。

・パソコン
・マイク
・ビデオキャプチャーボード(PCゲームの場合は不要)

 

<パソコン>

PCはゲームのプレイ画面録画、実況音声の録音、ならびの動画の編集に必要です。

必要となるスペックは、何を実況したいかによるところが大きいです。

少なくとも、ゲームの画面を録画したり動画の編集という必須の機能だけで、ある程度のスペックが必要となってくるので、最低でもグラフィックは専用のグラフィックカードを積んでいることが求められます。

特に最新の3Dグラフィックのすごいゲームなんかを遊ぶ場合は、ゲームを起動するだけで高いグラフィック性能を求められますのでご注意を。

一応それじゃ分かりづらいと思うので、もう少し具体的例を出しておくと…

さほどスペックを必要としないPCゲームの実況をする場合、もしくはPS4やXboxOneなどのコンシューマー機の実況プレイをしたい場合は、4、5年程度の型のグラフィックカードを積んでいれば大丈夫です。

最新のゴリゴリ高画質なPCゲームをしたい場合は、かなり高スペックが求められるので覚悟して最新のグラフィックカードを買ってください。

パソコンを持っていなくて、これから買うという場合は、中程度のスペックなら10万円きるくらいかかります。

高性能なパソコンであれば20~25万円程度の予算を覚悟してください。

 

<マイク>

実況の音声を録音するのにマイクが必要になります。

マイクもピンキリです。

こだわったらプロ仕様の物とかもあるのでキリがないです。

始めたばっかりの僕が言うのも変ですが、最初は安いものでいいんじゃないでしょうか。

お勧めのマイクはこちらで解説していますのでご覧ください。

予算は3千円~4千円ってところです。

ちなみにあまり安すぎるものを買うと、録音した音声にサーというノイズが入ったりするので、ケチりすぎず欲張りすぎずがお勧めです。

 

<ビデオキャプチャーボード>

ビデオキャプチャーボードは、PS4、XboxOne、Wii Uなどのゲーム機で実況プレイする場合にゲームの画面をPCに取得するための機材です。

PCゲームの実況しかしない場合は必要ありません。

この機器もメジャーなところだといくつかのメーカーから数種類の物がありますが、お勧めはこちらです。

AverMedia GC550

PS4、Xbox、Wii Uなどどのゲーム機でもキャプチャできます。

ただし使用するのに、PC側にもいくらかのスペックを求められますので、詳しくはメーカーのHPをご覧ください。

実は僕の使っているPCはメーカーの必要スペックよりちょっと下回ってますが、なんとか動いています。

録画する際の解像度などPC側の負担を減らせば、必要スペックが足りてなくても動くかも。。。

予算は22,000円程度といったところです。

結構高い買い物ですね。

 

<その他>

他にも、動画は結構なサイズのファイルになるので、大容量のHDDなどがあると便利です。

あとイヤフォンは必ず必要になります(こだわりなければ100円ショップの物でもいいと思う)。

とまあ、長々と書きましたが、ゲーム実況に必要な機材と予算についてはこんな感じです。

参考になりましたら幸いです。

何か質問がございましたら、忌憚なくご質問くださいませ。

 

実況を始めてみて気づいたこと

実際に実況プレイをしてみて気付いたこともあります。

自分でやってみると分かるのですが、ゲームをプレイしながら喋るっていうのは予想以上に難しいです。

特に実況ということで常に喋っていないといけないし、視聴者を意識して分かりやすく伝える必要もあるし、かなり難易度が高いことがわかりました。

でもこれはきっと慣れなんだなとも思います。
途中でくじけず、毎日頑張っていけばきっとそのうち流ちょうに喋れるようになるはず。

(まるで英語の勉強のような物言いだけれど)

これからライフワークとして切れることのないよう、頑張っていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

-ゲーム実況
-