気になったこと調べてみた

インドと日本のカレーは何が違うのか?

カレーは飲み物?

curry

こんにちは、ライターのtemmusuです。
今日はインドカレーのお話です。

突然ですが、僕は辛いものが得意ではありません。その理由は、味覚的な辛さが原因ではなく、辛みによって引き起こされる僕の特異体質が原因です。

辛い物を食べると、大変なことになります。
周りにいる人は、見ていてドン引きになること間違いないです。
具体的にどうなるかというと、首から上、頭のいたるところから全ての汗腺が開き、汗が噴き出てくるのです。

その汗の量たるや尋常でなく、例えるなら滝のごとし。

食べるより汗を拭くのに忙しくなり、テンションがガクッと下がります。
むしろそのまま汗の噴き出る勢いで、機関車トーマスのように、シュッシュシュッシュと言いながら走ってどこかに行ってしまいたいくらい。

そんな変わった体質のくせに、カレーは好きです。「辛いのだから食わなければいいじゃん」というツッコミは置いておくとして。

カレーと言えば、辛い物の代表格ではありませんか?

でも、結構辛くないものもあるんですよ。市販のものでも甘口ってありますし(特にカレーの王子様推奨)、インド料理屋に食べにいっても、最近は辛くないカレーを選べるような気をつかってくれる店も増えてきました。

 

スポンサードリンク

インドカレーは例えるならガンジス川の流れのよう

みなさんはインドカレーを食べたことがありますか?

今や、日本全国どこにでもインドカレーの店がある時代です。みなさんの家の近くにも1件くらいはありますよね。もちろん、僕の家の近くにありますよ。

いざインドカレーを食べてみると、日本のカレーとの違いに驚きます。

そのサラサラ加減と風味の違い、むしろ別の食べ物と言っていいくらい違います。

その違いは何なのでしょうか?

インドカレーが食べたくなった勢いに任せて調べてみました。

 

 インドと日本のカレーの違い

まずはインドカレーの作り方を確認してみましょう。

作ったことない僕には説明できないので、この動画を見てみましょう。

<インドカレー作り方レシピ>

その違いがわかりましたか?

僕が気づいた点は以下のポイントです。

・日本のカレーと違って小麦粉が入っていない

・日本のカレーより、もっと多彩なスパイスを使用している。

・しかし、料理の手順は日本のカレーと違わない。

まとめると、小麦粉を使わず(ルーを使わない)、必要なスパイスを入れると、インドカレーになる、ということだと思います。

ふむふむ、なるほど。よしこの週末に作ってみよう。

 

スパイスを揃える

さてさて、自分も作ってみようかなと思った方に耳よりな情報です。

スパイスを一式揃えようとすると、一つ一つの小瓶で買うことになり、トータルで結構な値段になります。

でも実はこの必要なスパイスだけをミックスしたものがあります。それは「S&B」もしくは「FAUCHON」が販売している「ロイヤルマサラ」というものです。

これなら、先ほどの動画にあった必要なスパイスを含んでいます。さらにこの「ロイヤルマサラ」には唐辛子が含まれていないので、辛いのが苦手な人や、辛みは自分で入れて調整したい人にとってお勧めのものです。というのも、「ガラムマサラ」といったような名前で同じように市販されているのですが、その場合は確実に唐辛子が含まれています。

だから僕はこの「ロイヤルマサラ」一択。

でもまだインドカレーを作ったことない人がなぜ知っているかって?

それはチャイを作るのにいつも使っているからなのです。チャイはご存知かもしれませんが、スパイスの入ったミルクティーです。今回レシピは割愛しますが、この「ロイヤルマサラ」だからこそ、本場に近い味が出せるのです。

 

 

まとめ

インドカレーと日本のカレーの違いは、小麦粉の使用の有無と、スパイスの違いでした。

さあ、週末にインドカレーに挑戦だ。
みんなもインドカレー作ってみませんか?

 
おわり

スポンサーリンク

-気になったこと調べてみた
-