気になったこと調べてみた

熊本アンテナショップの売上はどこにいく?

2016/05/08

熊本アンテナショップで買い物をすると被災者支援になるのか?

kumamon

こんにちは、ライターのtemmusuです。

ゴールデンウィークは比較的、天候には恵まれました。真夏日を記録した場所もいくつかあったようですね。毎年のことですが、全国各地の観光地やレジャー施設は大いににぎわいました。テレビでは連日、高速道路の大渋滞を映しています。そんななか、熊本地震の被災地にも多くのボランティアが駆け付け、たいへん混雑したそうです。

ゴールデンウィークを前に、高速道路や九州新幹線が復旧して寸断していたアクセスが回復したことも影響して、ボランティアが非常にたくさん駆け付けたとのこと。熊本市内のボランティアセンターには1,000人近くも行列を作ったようで、これはゴールデンウィーク前の2倍になったとのことです。受け入れられるボランティアの数を上回っていたこともあったようですね。ニュースでそんな映像もやっていました。地震発生以降、沈黙を保っていたくまもんもゴールデンウィーク中ごろから活動を再開しました。

並行して、銀座にある熊本のアンテナショップも大盛況だとのニュースをよく聞きます。連日お店の前には大行列ができていて、なんと店内への入場制限もかかっている様子でした。これは被災地の名産品を買って熊本を応援しようという動きなんだそうです。

みなさんは、熊本の名産品って言われたら何を思いつきますか?

僕は本当に地理が苦手です。○○県といわれても、ほとんどの県は何地方かはなんとなくわかるけれど、地図上でどこに位置しているのかは全く分からないことが多いです。もちろんその県の名産品なんて…。そんな状態なのですが、熊本は珍しく良く分かります。たまたま去年、熊本を旅行したからです。観光雑誌を買って名だたる観光地やお土産品まで、一通り目を通したので熊本は珍しく分かるほうの県に分類されます。

僕が真っ先に思い出す名産品は「辛子レンコン」です。旅先でハマってしまい、お土産に沢山買いました。ニュースでやっていましたが、すいかも有名のようですね。こういったものを購入して、被災地の支援になるなら喜ばしいことです。

しかし、僕には気になってしまいました。

「熊本のアンテナショップで買い物をしたら、被災地支援になる」というのは本当なのでしょうか?

人が当たり前と思ってやっていることほど、実は真実でなかったなんてことは良くある話です。

真偽のほどを、少し調べてみました。

 

スポンサードリンク

熊本アンテナショップの売上はどこにいくのか?

熊本のアンテナショップの売上はどこに行くのでしょうか?

その前に、まずはアンテナショップって改めて何なのでしょうか?

アンテナショップ

一般企業が出店する場合と、地方自治体が出店する場合の2種類があるようです。
前者は、企業が自社製品などを展示するショールーム的な役割を果たすらしいです。
後者は地方自治体が、特産品などを紹介することを主としているとのことです。

熊本のアンテナショップの場合は“企業”か"地方自治体”のどちらにあたるのでしょうか?

"熊本県の”と言っているだけあって、地方自治体が特産品を紹介する方だと思いますが、念のため調べてみます。

銀座熊本館のホームページを見てみると、

「一般社団法人熊本県物産振興協会」というところが運営しているようですね。その事業内容は協会のサイトでは以下の通りとなっています。

1.県産品の宣伝及び紹介に関する事業
2.県産品の販路拡大及び斡旋に関する事業
3.県産品展示即売場の運営及び受託県産品の販売に関する事業
4.県産品開発及び品質の向上並びに企業育成に関する事業
5.県産品に関する情報の収集、提供並びに調査に関する事業
6.その他目的を達成するために必要な事業

また、H27年度の総会議案書を読むと、予算や詳細な活動内容も書いてあります。

やはり熊本の地域振興のために活動しているのは間違いないようです。

県自体が運営をしているわけではないですが、きちんとした関連団体がちゃんと活動をしているということですね。

これを踏まえると、アンテナショップで商品を買った場合の売上は、熊本県物産振興協会や、商品の製造元に行くようですね。被災者に直接届くわけではないですが、地域振興にはなるのでこれは間違いなく被災地支援と言えるでしょう。

では、近所のスーパーで熊本県産の商品を買った場合は被災地支援にならないのでしょうか?

その場合、もちろん商品が売れるので、生産者の売上にはなりますが、流通するまでに卸業者や運送業者の売上も乗っているので、アンテナショップで買うよりは効果が小さいと思います。多くのお金は被災地と関係ないところに届いてしまいます。

 

まとめ

熊本県のアンテナショップで買い物をして、被災地を支援しようというのは、間違いでなかった。
ちゃんと被災地の地域振興に役立つということがわかった。

旅行に行ってから辛子レンコンのファンになりました。まだアンテナショップは大混雑しているようなので落ち着いてから行くか、別のデパートで物産展をやっていたら、また買いたいと思います。

あと熊本の味噌もお勧めですよ。麦みそが入った合わせみそだそうなのですが、旅先で飲んだ郷土料理の“だご汁”や、普通の味噌汁にしても、すごく甘い味がして美味しかったです。関東では味わえない味でした。
おわり

スポンサーリンク

-気になったこと調べてみた
-