PCゲーム

何でこんなに安いの?名作RPG「Pillars of Eternity」

2016/05/26

こんにちは、ライターのtemmusuです。

つい先日、PCゲームのPillars of Eternityを購入しました。

名作と名高いRPGです。その評判の高さでずっと気になっていたのですが、安くなっていたのでついに購入してしまいました。

よく分からないのはその値段設定です。Steamで買うと定価4,600円します。セール時でも約半額の2,000円が精いっぱいと言ったところ。
でも、何故かG2Aで購入すると500円もしないです(僕が今これを書いている時点で最安値452円也)。ワンコインランチならぬ、ワンコインゲームですね。
なんでこんなに値段が違うのでしょうかねぇ。

 

スポンサードリンク

Pillars of Eternityってどんなゲーム?

まだプレイして数時間程度しか経過していませんが、どんなゲームかを紹介します。

Pillars of Eternityを開発したゲームメーカーはObsidian Entertainment, Inc.です。なんかどこかで聞いた事ある名前だなぁと思っていたら、Fallout New Vegasを作った会社でした。他にもDungeon Siege IIIなども作っているようです。Kickstarterと呼ばれるクラウドファンディングを通じてお金を集め、ゲーム開発から発売にまで漕ぎつけたゲームなんだとか。開発にはあの有名なBaldur's Gateの人たちもかかわっているようです。

買うのに迷っている人へ

エディションの違いについて

「Hero Edition」、「Champion Edition」、「Royal Edition」の3つのエディションがあります。どのエディションを買ったらいいのか迷っている人むけに説明です。
プレイするだけならHeroエディションを買えば十分です。その他の2つのエディションにはゲームプレイには影響しない特典(壁紙、サウンドトラック等)が付いてくるようなので、それらがどうしても欲しい人だけChampion EditionかRoyal Editionを買えば良いでしょう。

どんな特典がそれぞれついてくるのかは、このOriginのサイトに詳しく乗っているのでご参考まで。

日本語について

Steamのサイトなんかを見ると日本語対応はしていませんが、問題ないです。有志の方々によって日本語化Modが出ていて、それを適用すれば完璧に日本語化されます。しかし、このゲームはすごい文章量なのだけれど、有志の人たちはよくこれだけの量を日本語化したなぁと感心、そして感謝。あ、ちなみにDLCまで日本語化されているようですよ。

コントローラーサポートについて

コントローラーは使えません。もともとマウスクリックで操作するシステムに特化されているので、キー割り当てなどを無理やりしてもコントローラで遊ぶのは無理かと思います。僕はコントローラー大好き派なのですが、このゲームはマウスで遊んでいても、特にストレスは感じませんよ。

DLCについて

「The white march part I」、「The white march part II」の2種類リリースされています。導入するとレベルキャップの上昇、新たなマップへ冒険が追加されるようです。僕はまだ未導入ですが、このままいくと買うことになりそう。だって面白いんだもの。

 

どんなゲームか?

pillars-of-eternity01

マウスクリックでプレイする、見下ろし方のRPGです。Baldur's Gateをやったことがある人は、あの雰囲気そのままです。他のゲームだと、SacredやTitan Questとかそんなのです。移動するにもクリックしたところを目指して歩いていく感じ。戦闘でもキャラクターをクリックして、行動を選択して敵をクリックして攻撃する、そんな感じの操作です。上にも書きましたがコントローラーは使えないですが、慣れればストレスなく操作できますよ。

難易度はやや難しめといった感じでしょうか。最後まで「俺つえー」はできないようです。結構レベルが上がった段階でも油断すると全滅したりすることもあるんだとか。僕もプレイした感じ、難易度ノーマルでやっていますが、そこそこの緊張感でプレイできています。

ちなみに難易度が難しくなるによって、敵の数が増えるそうです。最高難易度の「パス・オブ・ザ・ダムド」では敵の量に加えて敵ステータスも強化されるそうです。あと持ち運べる野営道具の数も難易度が上がるによって少なくなります。出先でキャンプをすると野営道具を消費してステータス全快できるのですが、その数が減るのでそれだけしんどくなるということです。

経験値とレベルアップについては、他のRPGとはちょっと変わっています。一般的なRPGだと敵を倒して経験値を得てレベルアップという方式ですが、このゲームではクエストをクリアして経験値を入手するのが主です。それと主人公はモンスター図鑑のようなものを持っており、敵を倒すごとにそれが埋まっていきます。その埋まり具合でも経験値がもらえる仕組みになっています。だから敵を倒せば確かに経験値はもらえますが、毎回必ずもらえるわけではないです。ゲーム開始前は、敵が多く出る難しい難易度の方がもしかしてレベルが沢山上がるのではと思いましたが、そうでは無いということです。

プレイ時間は平均100時間くらいかかるそうです。Pillars of Eternityではとにかく読み物が多いです。ストーリー進行でのNPCや味方との会話、途中で拾う本の類など、まだプレイして数時間ですが実感として読み物に割いている時間が2割くらいあるんじゃないかと思うくらい多いです。でも、このゲームとにかくバックグラウンドのストーリーなどがしっかりしていて、それらの読み物を読んでいくうちにより世界観が理解できるようになります。小説を読んでいる感覚に近いので、そんなに苦には感じていません。ファンタジー系の小説が好きな人は間違いなくハマるでしょうね。僕も昔はロードス島戦記や、ソードワールドRPGなどの世界観・小説が好きだったのを思い出しました。

お勧めの購入方法

G2Aから購入することをお勧めします。なんてったってワンコイン(500円)で買えますから。その場合GOG版を買うことになると思うのでDLCを買う場合もGOG版に合わせて買う方がよさそうです。

日本語化Modの場所と方法

日本語化Modは「Pillars of Eternity 日本語 Wiki」にリンク先のURLや、日本語化の方法が載っていますので、そちらを参考にすれば問題ないでしょう。

 
まだ仲間が3人加わり、4人パーティーになったばかりです。クリアまで100時間ということなので、まだまだ先は長そう。

 

おわり

スポンサーリンク

-PCゲーム
-