PCゲーム

三国志13は面白くない?レビューなど

sangokushi13-2

こんにちは、ライターのtemmusuです。

しばらく前にPC版の三国志13を買いました。買ってすぐにインストールはしておいたのですが、結局プレイせずに今に至ります。

そんな時間の経過とともに何故かインストールメディアをどこかにやってしまいました。家中探したのですが、どこにもないんですよね。

まあ、このままインストールしっぱなしにしておけばいいと言えばそうなんですけれど、そろそろ僕のPCをWindows10にしたいのですよ。
今はWindows8.1を使っていますので、そのままアップグレードをすれば三国志13はそのままWin10に持ち越されるのでしょうけれど、僕個人的にOSが不安定や重くなるのでアップグレードはしたく無いんです。クリーンインストールで、気分も一新スッキリしたい。

そんなモヤモヤのまま時間が経ってしまって、気が付けばWindows10の無償アップグレード期間も残すところ2か月となってしまいました。仕方がないので重い腰を上げて三国志13をプレイしてみました。

三国志13はその名の通りシリーズ13番目の三国志です。シリーズ久しぶりの全武将プレイができます。

僕は三国志7や10のような全武将プレイが好きなんですよ。特に主人公キャラを鍛えて能力を伸ばせるようなシステムが好きなんです。今回13も、その全武将プレイで、しかも能力が鍛えられるというではないですか!それを聞いてから、ワクワクして買ったわけですよ。

でもね、プレイ前にいろいろとネットで情報をあさっていて分かったのですが、どうやら僕の期待通りのシステムではないみたいなんです。確かに主人公の能力を鍛えられるみたいなのですが、そのシステムがいまいちらしいのです。これを読んだとき思わず「なんだよー」と、がっかりの声を上げてしまいました。

そんなテンションだだ下がりの中、Widows10へのアップグレードを理由に三国志13をプレイしてみました。

まあ悪い印象しかないので面白くありません。どれをとってもつまらなく感じてしまう。

 

スポンサードリンク

不満なところ

あまりに面白くないので、不満の愚痴をぶつけてみたいと思います。
特にこのゲームをつまらなくさせているのは以下の点です。

内政、軍事、交渉事などいろいろな指示が自分の思うとおりに出せない

主人公の身分が高くないうちは、自分の任務だけこなしていればいいので気にならないのですが、これが君主ともなると大変な不便に出くわします。

君主が都市を統治するのに出せる命令の数が決まっています。君主枠2つ、軍師枠2つ、内政担当重臣枠1つ、軍事担当重臣枠1つと計6つあるんですが、この枠内でしか一度に命令が出せない。しかも自分が選択できるのは君主枠の2つだけ。他の枠はすべて家臣の提案を承諾するだけ。一つの都市を治めているだけならこれでもいいのですが、複数都市を統括していてもこの仕組み。他の都市は実質放ったらかし状態になります。さらに家臣の提案も最初の方はちゃんと見て「うむうむ」と承諾しているのですが、それがだんだん面倒くさくなって「とりあえずOK出す」流れ作業になってきます。

三国志の醍醐味って、最終的には都市を統治して中国を統一していく過程にあると思うんです。このシステムのおかげで、その醍醐味が台無しになってしまっています。

兵士が異動できない

各都市にいる兵士を他の都市に異動できないんです。だから、どこかの都市を攻めるときはいちいち遠くの都市から援軍を呼ばないといけない。特に相手の兵数がそれなりに多ければ、こちらも多数の兵士を割かなければいけない。そうなると自分の統治する複数の都市から援軍を呼ばなければいけなくて、この操作を何度も繰り返さないといけないので、いちいち面倒くさい。

それだけでなくて、援軍を出す方の都市にも武将を置いておかないといけない。戦争に中途半端な武将を出すわけにはいかないですから、結局後方都市にも優秀な武将を配置する必要がある。

なんなんですかねぇ、このシステム。前線でない都市に兵隊が沢山いたり、優秀な指揮官がいたり…。どうにかならなかったのでしょうか。

キャラクターがいちいちうるさい

武将が何かアクションを取るたびに、「はっはっは」と笑ったり、「提案がござりまする」とか、「策がある」とか、とかとかとか…、何かとよく喋る。ゲームを始めたばかりのころはそんなに気にならなかったのだけれど、進めて少し経つころから気になり始める。気になりだすと止まらない。「いちいちうるさいんじゃー!」と文句を言いたい。

この本家の方の三国志は、今や何でもありの三国無双と違って、硬派なものを期待しているのだけれど、この“いちいちうるさい喋り”が、雰囲気も軽々しくしているんですよ。これもまたマイナスのイメージ。

武将の能力を上げるシステムがいけてない

かつての三国志10のような、主人公武将の鍛錬する仕組みがほとんど無いんです。

能力を上げるためには、基本的に内政・軍事・計略等の何かの行動しなくてはいけなく、それで得た経験値を貯めて能力が上がる仕組みです。一応他の武将に師事したりもできるけれど、得られる経験値は雀の涙。一応これらを駆使して、能力や特技は強化できる。

でも兵適正とよばれる、歩兵・騎兵・弓兵それぞれを使ったときの適正能力は伸ばすことができない。

せっかく、お気に入りの武将をつかって強化して、「俺つえー」プレイをしたいのにそれはかなわない、不満。

 

以上、不満なところでした。

いいところって何だろう。

このゲーム、英傑伝とよばれるチュートリアルも長いんですよね。

僕はこの英傑伝を終えただけで挫折してしまった。どうしよう、もうギブアップしてWindows10にしようかしら。

 

おわり

スポンサーリンク

-PCゲーム
-